PICK UP

119円 開店祝い ホットビスケッツ ウィンドブレーカー ジャンパー アウター
119円 開店祝い ホットビスケッツ ウィンドブレーカー ジャンパー アウター
Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
シマノの鮎竿でかなりの安値の部類になりますが、ズームの固定がしっかりしており、先端から徐々に曲がる竹竿のような粘りがあり、重さに慣れれば使い勝手は良好です。
5 - "2" by, に書かれています
1回落としただけで、割れました……(';ω;`)
4 - "3" by, に書かれています
Very comfortable for my kid.
5 - "4" by, に書かれています
持ち運びもらくで簡単にセットできます。他の製品と比べて重量が軽かったのでこれにしました。
5 - "5" by, に書かれています
ホース接続部がG1/4では無い(かなり細い)ので、通常では使えません。しかも溶接されているので交換も出来ない。商品説明にも明記されていない。
1 - "6" by, に書かれています
コロナウィルスの関係で、次亜塩素酸水を自作するために購入しました。安価で売られている次亜塩素酸生成器は、実際にはアルカリ性の次亜塩素酸ナトリウム溶液です。これから弱酸性の次亜塩素酸水を作るときのチェックに使っています。お値段も安く、デジタル表示ですのでとても便利です。ただ、校正の手間があります。これで身の回りのものを計ってみると面白いです。中性と思っていた水道水がアルカリ性だったり、お酢がこんなに酸性と驚いたりです。
4 - "7" by, に書かれています
プリンターの整備に便利に使えます。
4 - "8" by, に書かれています
安く購入できて助かりました。
5 - "9" by, に書かれています
ロードバイクの後輪側に注入していました。尚タイヤはチューブレス、25cです。製品の詳細は他の方のレビューに任せるとして、当方でパンクした時の状況をできるだけ詳細に記します。先日、ロングライド中に何かを踏んでパンクしたのですが、「ぷしゅうぅぅぅっぅぅぅぅぅー」といった異音がして、あわてて停車してみると後輪から鮮やかな水色の液体が噴き出している。あぁこれがシーラント材か、止まるのかな? と思って暫く見ているとついにパンク穴を詰まらせたようで、空気の音と液体がぴたりと止んでくれた。ありがたい、と思いながらも、車体を見ると噴出したベトベトの液体で後輪周りがサドルバックも含めてすっかり汚れてしまっている。穴が開いてから停車までは回転しながら噴き出しているので当然といえば当然であろうが、撒き散らされた液でサドルバックに付けていたリアライトまでが水色になっていたので呆然とした。さておきパンクは塞がったのだからと空気入れを接続すると、ゲージに表示される気圧は当初の1/3ほどになっていて、そこから空気を注入すると2/3を超えたあたりで再び「ぷしゅうぅぅぅ」と異音が液体を伴って噴き出してくる。パンク箇所を下にして(噴き出してくるので穴の位置は一目で分かる)、シーラント剤が穴に偏ってくるようにして空気をいれてもやはり2/3くらいの気圧で「ぷしゅうぅぅぅ」となる。低い気圧なら塞いでくれるが、圧をあげると押し出されてしまうらしい。仕様がないので持参していたチューブを突っ込もうかとも考えたが、タイヤの中がグズグズのシーラント剤で満たされているのを思いやると、近くに水道も流しもない状況でそのタイヤを引っぺがすのはとても気が進まないので、そのままやむなくヤワ目のタイヤで、時折空気を追加しつつ、何とか数十キロを走破した(どこまでいけるかと思っていたが、低めの気圧に甘んじれば案外そのまま使えた)。なおパンク穴の大きさは1~2㎜程度、尖った小石で切れたような形状でした。当方でのパンクの状況は以上の通りです。ちなみに「放っておいたら硬化して完全に穴を塞ぐのでは?」と思って暫く<数日放置>&<ゆっくり空気入れ>を繰り返してみたのですが、やはり圧をあげると材質が耐えられなくなるのか噴出してしまいます。私が試した限りでは、完全にパンクを治癒することなく、先に中の溶液が尽きてしまいました。ちなみに、私のはチューブレスタイヤだったので、パッチで修理をした後もタイヤ内に残ったグズグズの繊維を奇麗に取り除くまで延々側面から空気が漏れ続けました。さて長々と此方の状況を記しましたが、この商品を他人にお勧めするとすれば、「通勤用のチャリであれば」といった条件節が要ると思います。ある程度までは空気の流出を止めてくれますが、完全ではありません。そしてこれを注入してある時点で、外での修理作業や自転車店への持ち込みといった選択肢がまぁ消えることになります。スポーツ車の場合は、「もしこのシーラントで対応できないレベルの穴だったら?」とか「空気をガンガン入れ直したくなったら?」とか考えると、態々よりにもよって”タイヤ”の部分の重量を増やしてしまうシーラントよりも普通にパッチや替えチューブの方が保険としては最適だと思います。また、もしレース中にパンクした場合とかはシーラントが効く前に空気が大方抜けちゃうと思うので、いずれにせよあきらめて下さい。一方、通勤通学用のものであれば、「低い気圧でもゼロよりマシ」「修理セットを毎日持参するのはいや」といった割り切り方もできるでしょうから、保険としての使い途があるかもしれません。(まー噴き出した水色の液体でスーツが汚れるかもしれないですけど)
2 -
No post found